XenからVMware Serverへのゲストイメージコンバート

XenからVMware Serverへ移行するケースがあり、ゲストイメージをコンバートしたので手順を書いておきます。要領は前にやったXenからKVMへのゲストイメージマイグレーションと同様。ゲストOSが単一イメージファイルだと取り回しが楽というのを実感。

環境:
移行対象: CentOS 5.4 test.tnmt.info (Xen Paraviutualized VM, 単一ディスクイメージファイル)
移行元: Xen@CentOS 5.4
移行先: VMware Server 2.0.2@Windows XP SP3

ゲストOSでの作業

これは移行したいゲストOSでの作業、もともと動いていたXenのDomUで行います。

grub, kernel(not kernel-xen)パッケージが入っていることを確認、無ければインストール

sudo yum install -y grub kernel

/boog/grub/menu.lst修正

  1. いくつかkernelパッケージが入っているとエントリが複数あるけど、kernel-xenじゃない通常のkernelでbootしてくるようにdefaultの指定を編集
  2. kernelのオプションで、consoleの指定を修正

kernel /vmlinuz-2.6.9-89.0.20.EL ro root=LABEL=/ console=xvc0

kernel /vmlinuz-2.6.9-89.0.20.EL ro root=LABEL=/

/etc/inittab修正

 co:2345:respawn:/sbin/agetty xvc0 9600 vt100-nav
 #1:2345:respawn:/sbin/mingetty tty1
 #2:2345:respawn:/sbin/mingetty tty2
 #3:2345:respawn:/sbin/mingetty tty3
 #4:2345:respawn:/sbin/mingetty tty4
 #5:2345:respawn:/sbin/mingetty tty5
 #6:2345:respawn:/sbin/mingetty tty6

#co:2345:respawn:/sbin/agetty xvc0 9600 vt100-nav
 1:2345:respawn:/sbin/mingetty tty1
 2:2345:respawn:/sbin/mingetty tty2
 3:2345:respawn:/sbin/mingetty tty3
 4:2345:respawn:/sbin/mingetty tty4
 5:2345:respawn:/sbin/mingetty tty5
 6:2345:respawn:/sbin/mingetty tty6

/etc/modprobe.conf修正

alias eth0 xennet
alias scsi_hostadapter xenblk 

alias eth0 pcnet32
alias scsi_hostadapter mptbase
alias scsi_hostadapter1 mptspi
alias scsi_hostadapter2 ata_piix

XenホストOSでの作業

qemuインストール

今回の肝となるqemuをインストール。CentOS 5 の qemu パッケージはDAGリポジトリに登録されてます。

sudo yum install qemu

ディスクイメージコンバート

qemu-img convert /var/lib/xen/images/test.tnmt.info-disk0 -O vmdk /home/tnmt/test.tnmt.info.vmdk

コンバートファイルを転送

XenのDom0マシンから WinXP マシンへどうにかして作成されたvmdkファイルを転送します。ちなみにqemu-img convertで作成されるvmdkファイルはVMware Server 1.X系互換のようですが、今回のように2系でも動きます。

VMware ServerホストOSでの作業

新規VM作成

Virtual Machines -> Create Virtual Machine で新規VMを作成します。Hard Diskは新しく作成(Create a New Virtual Disk)せず、”Use an Existing Virtual Disk” で転送してきた vmdk ファイルを指定します。あとは通常の手順でOK。

最後に起動すると、VMware からディスクの SCSI controller がどうたらこうたらと言われますが、デフォルトの項目のまま進めば起動してきます。