rpm, yumコマンドでパッケージの更新履歴を見る

rpmパッケージに更新がかかったときに、何の変更があったか知りたいときがあります。

ちょっと調べたら出てきたのでメモ。

rpmの場合は下記のコマンドでChangelogを見ることが出来ます。

rpm -q --changelog パッケージ名
rpm -qp --changelog パッケージファイル名

yumだと、yum-changelogというプラグインがあって、それをインストールすると下記で見れるようになります。ただしCentOSだと5以降、Fedoraも5以降。Fedora 11, 12はyum-plugin-changelogになります。

sudo  yum --changelog update パッケージ名

yumの場合は、現在インストールされているバージョンから、アップデート対象のバージョンの差だけ見れるので、確認してからアップデートということが出来るようになります。