CentOSのyum自動更新サービスについて

CentOSでデイリーのyum自動アップデートのサービスがあるんですが、それがディストリのバージョンによって違うよというお話

  • CentOS 4.X : yum (yumパッケージ)
  • CentOS 5.X : yum-updated (yum-updatesdパッケージ)
  • CentOS 6.X : yum-cron (yum-cronパッケージ)

なんでコロコロと名前変わってしまうん…

ちなみにFedora 19でもyum-cronなので、CentOS 7.Xもyum-cronなんじゃないかというのに2,000ガバス。

自動アップデートされ続けても問題なく運用出来るような感じにとは思いますが、そうじゃないシーンも多いので、その時は↑サービスを止めておくとよいのではないでしょうか。