July Tech Festa 2019に参加した

12/9(日)に開催されたJuly Tech Festa 2019 に参加した。

元々は@pyama86の基調講演を応援に、くらいの気持ちだったのだけれど、申し込むにあたって他のセッション予定を見て、面白そうな内容が多く楽しみにしていた。

聞いたセッションは

  • A00: 「ペパボっぽい」エンジニアカルチャーを創る言葉と仕組み
  • A02: 心理的安全なチームづくり ~リーダーシップとしての心理的柔軟性とは
  • C10: はてなSREチームにおけるスクラムの実践
  • C20: 「極める、伝える、教える」の調和
  • C30: 人生100年時代の学び方
  • A40: Cloud Native開発者のためのDatabase with Kubernetes
  • A01: LINEのEngineer Culture

当日までどれを聞こうというのはあまり決めていなくて、その場のフィーリングで移動していたが、終わってみると、いや途中から気づいていたんだけど、個人のキャリアだったりチーム・組織マネジメントによったセッションを聞いた感じになっている。

この歳になり、自分のキャリアのことで悶々と考えることもある。おそらく世代的には一緒であろう市川さんの『「極める、伝える、教える」の調和』では同じく苦悩しながらも自分の使命や目標をたて進んでいこうとする姿勢や、よしおかさんの「人生100年時代の学び方」でも「脳に可塑性」はあるということで定年を過ぎてからも進学し勉強することをやめない、しかも楽しみながら自分をアップデートしていく姿勢に、とても勇気付けられた。これはあとでスライドを読むだけでは分からない、ライブであることで意義の高かったセッションだったと思う。市川さんには発表後に「専門学校での教師業はどのようなきっかけで始まったのか」を伺うことが出来た。

「はてなSREチームにおけるスクラムの実践」は自社で抱えている課題と非常に近しい事例が紹介されており参考になった。さっそく2020年は我々もインフラ・社内情報システムのチームで同じくスクラムの取り組みをしていこうと決め「来年は俺スクラムマスターになるから」と社内で言い出している。みんな呆れてないかな。@hokkai7goとはセッションの時の質疑や、懇親会でも色々伺うことができた。貴重な知見の共有を感謝、実践していく。

同僚@pyama86の基調講演もとても良かった。良かったし、こんなトーク自分もしたかった、悔しいなあという感じもあった。今回彼が今までのエンジニア組織文化の潮流をまとめ、示してくれたことは、今回このカンファレンスに参加された人のみでなく、社内向けとしても大変意味があることに思う。なぜ今我々はこのようなエンジニアリング組織の形を取っているのか、どのような遍歴を経て今の評価軸を醸成してきたのかを知ることは、ペパボでのキャリアを最大限に「活かし」「成長する」ことに繋がるのではないだろうか。そしてそれは、新しく入ってきたメンバーや昔からいるメンバーに限らず言えることに思う。

JTFへの参加はおそらく初なはずだが、主催や参加されているメンバーにはインフラ勉強会全盛期の2010年前後の顔見知りが多く「インフラエンジニアの祭典」というのは納得感とインフラエンジニアからキャリアを始めた自分にとってもホームのような居心地があった。今回聞けなかったセッションにも多かった「クラウドネイティブ」勢(?)も加わって、また新しく成長していくコミュニティと雰囲気になってきているのではとも感じた。

運営のみなさん、登壇されたみなさん、とても刺激になる数々の出会いをありがとうございました。来年は登壇者としてJTFを盛り上げたい。

iptablesで自分宛にきた通信を全て別のサーバに転送する

自分のIP<A>に対して来た通信を全て別のサーバ<B>にiptablesを使って転送する方法

SRC_IP=<A>
DST_IP=<B>
iptables -t nat -A PREROUTING -d $SRC_IP -j DNAT --to $DST_IP
iptables -t nat -A POSTROUTING -d $DST_IP -j SNAT --to $SRC_IP

パケット転送が有効になっている必要があるので、/sbin/sysctl net.ipv4.ip_forwardの結果で、net.ipv4.ip_forward = 0になっている場合は、パケット転送をONにします。

/sbin/sysctl -w net.ipv4.ip_forward=1

CTL一年目のまとめ

この記事はPepabo Managers Advent Calendar 2018の23日目の記事です。

3月に拝任した技術部CTL(チーフテクニカルリード)としての2018年が終わろうとしているということで、取り組んだことと課題のまとめをしてみます。

CTLの役割

そもそもチーフテクニカルリードについてですが、GMOペパボで2016年に設置されたポジションです。役割は以下のように定義されています。

部門方針・目標に基づき、部門全体の技術選択および技術者組織 について方針を決定し、実行する。

背景についてはCTO @antipop技術組織をスケールするためのCTL = チーフテクニカルリード - Kentaro Kuribayashi's blogを参照ください。
CTOが全社の技術方針と技術者組織をマネジメントするのに対して、CTLは部署内の技術方針と技術者組織をマネジメントするミニCTOというイメージが近いかと思われます。

現在、GMOペパボは大きく4つの事業部制をとっており、それぞれにCTLが一名ずつ、また会社横断型の組織として技術部(主にインフラ周り)のCTLとして私の計5名が着任しています。

ペパボにおけるCTLは、エンジニアリングマネージャとして技術組織の運営、例えばエンジニアの評価制度、採用関連、エンジニア育成制度などを行うかたわら、事業部やチームの状況に応じては、プロジェクト内のテクノロジー採用やチームマネジメントなど、いわゆるテックリードの役割も担っていきます。

タイムリーに、アカツキさんのエンジニア組織の責任範囲の透明性をRACI図で高めてみた - Akatsuki Hackers Lab | 株式会社アカツキ(Akatsuki Inc.)の記事があったので、それに習って大まかな役割の違いについてまとめてみました。(RACI図については今日の投稿には間に合いませんでしたが、社内向けにも有用そうなので試してみたいところです。)

役割 業務サマリー
CTO 全社の技術な意思決定者
エンジニア組織のマネージメント
CTL 部門のエンジニア組織のマネージメント
プロダクト/プロジェクトの開発マネージメント
Member プロダクト/プロジェクトの開発

GMOペパボにはVPoEという役割は明確にはありませんが、執行役員CPOの@hsbtがエンジニア組織のマネジメントも行っています。この内容については同じくPepabo Managers Advent Calendar 2018の1日目の記事、エンジニアリングマネジメントについて - HsbtDiary(2018-12-01)を参考ください。

またこれ以外にもエンジニア専門職としての職位制度もあり、上級職位がテックリードの立ち回りをしているという部分も多分にあります。

今年主に取り組んだこと

全社の技術的取り組みでの連携

今年は全社的にセキュリティ向上の取り組みに注力してきました。横断的なボトムアップのためには、扱うテクノロジーの選定含め、進め方を各事業部で足並みを揃える必要があり、この部分でCTLで連携出来たのは一つ実績として挙げれるかと思います。

今後については例のように1プロジェクトの推進以外にも、サービス開発についてより横串を刺していければというところです。全社的な技術共有についてはPepabo Tech Friday 始まってます! - ペパボテックブログで紹介されているPTFという技術発表会を毎月運営しており、今後も継続の予定です。

エンジニア組織の強化

「いるだけで成長できる環境」を標榜するエンジニア組織として、新しいメンバーのオンボーディングプログラムであるペパボカクテルを作成しました。内容については中途入社のパートナー向けにペパボカクテルを開始しました - ペパボテックブログの記事が詳しいです。

ペパボカクテルは中途エンジニアを対象に始めた後、新卒エンジニアやデザイナーのメンバーが入ってきたりで引き続き盛り上がっています。

特に人数が増える中「新しく入ったメンバーの顔が分からない」ということがランチの持ち回りにより大幅に減り、コミュニケーションが取りやすくなったように思います。CTLのみではなく、全エンジニア組織としての取り組みでありパワーは要するのに対して、十分に価値のある取り組みと捉えています。課題としてはメンバーのランチの調整が大変なところでしょうか。。

エンジニア職位制度の運営

前述した職位制度について、今年、CTOによるこれからのペパボのエンジニアについて(2018年編) - ペパボテックブログによりアップデートが加えられ、それにしたがってシニアエンジニアの昇級可否評価はCTOからCTLに委譲されています。今年はCTL全員での評価体制により一年を通して運営しました。こちらについては@pyama86によるペパボのエンジニア文化を醸成するエンジニア評価制度 - ペパボテックブログにも評価の様子が描かれています。

良かったというか印象的だったのはCTL同士で対象者の評価のブレがなく、どの結果についても一致して出せたということです。改善できる点としてはこれは以前からではありますが、結果自体含めより職位制度をエンジニアが活かせてもらえるようなフィードバックや日頃のフォローアップがあるかと考えています。

現状の課題と今後について

CTLの負荷集中

先述の通り、現状CTLが担う役割はエンジニアリングマネージャとテックリードの両面あり、これらを両立するには大変な場面も出てきました。CTOの権限が委譲されそれを遂行できているということは良いのですが、かつてCTOがそうであったように今度はCTLがボトルネックとなる懸念があります。

こうした流れを受け、この程TL(テックリード)が新設されました。今まで"部門のエンジニア組織のマネージメント, プロダクト/プロジェクトの開発マネージメント"とあった責務の後者をCTLと一緒に担っていくポジションとなっています。

エンジニア組織の情報の透明性確保・非対称性の解消

2018/12の時点で約90名のエンジニアが在籍しています。事業部やチーム、また職位や役割についての区分けは、効率化の反面認識の齟齬から衝突も発生し得ります。

先に例に挙げた全社的なプロジェクトに関しても、決して順風満帆だったわけではなく情報の量・スピードともにやり取りが非効率であった部分もあります。今後人数が増えればなおさらでしょう。こうしたことを少しでも減らすべく、人数が多くなってもスケールするような仕組みや文化作りをしていく必要があると考えています。

エンジニアメンバーの成長手助け、採用活動

エンジニアリングマネージャーとしての特に個人的な反省として、メンバーの目標設定やそのフォローがもっと上手くできたらというのがあります。1on1などのプラクティスには取り組んでいつつ、まだ手探りな状況も多く、ここは引き続き模索といった感じです。

採用についても新卒ではインターン、中途ではミートアップなど各種イベントの運営は関わりつつ、増員の計画的にはまだまだなので、引き続き力を入れていきたい部分です。

2017振り返り

気づけば大晦日。ブログ全然書いてなかった…

仕事

年明けから、CTO直轄で全社的な技術課題解決に取り組む技術基盤チームに異動している。実際のサービスのインフラは同じ技術部のインフラグループのメンバーに任せつつ、去年から引き続き社内のOpenStackプライベートクラウドNyahの整備に勤しむ一年だった。ライブマイグレーションが出来るようになったり、新しいサーバを選定して投入したといった具合。ペパボにはHavanaとMitakaの2バージョンのOpenStack環境があるが、その間でインスタンスを移設するという作業が通年で行われた。これは皆でよく頑張った。

この辺りの話はOpenStack Days Tokyo 2017でまとめて発表してきた。スライドはこちら。今年の大きめな対外発表はこの1回だけだったなあ。

加えて、去年から比べてさらにエンジニア組織への関わりの割り合いが増えた。ペパボの各事業部にはCTL(=チーフテクニカルリード)という面々がいて(CTLの背景についてはあんちぽさんのエントリ、実際のCTLたちの活動については座談会エントリを参照)所属する技術部には不在な為、それ的な振る舞いも多かった。やってみて、好きか嫌いかでいうと好きな方ではあったし、割りと性にもあっている気はする。マネジメントまではいかないでも、リーダーシップに関することで沢山勉強になったし実践も出来た。

一方で、ペパボのエンジニア評価制度での職位としてはプリンシパルというポジションを与えてもらっており、専門職としての実績としてはどうだったかと問われると、それに見合ったものだったと自信を持って言えない部分も正直若干ある。ただし今の自分の動き方は社内でも珍しい方ではあると思うので、2018年も引き続き模索はしていきたい。今のところは、折り合いとか考えずどっちもやるんだよという意気込み半分、どっちつかずにならないか少し不安半分といったところ。

あとは、このところペパ研、および同じチームの面々の勢いと動きについていけていないなーという焦りがある。単純に部門・部署が異なれば、求められる成果にも違いはあるだろうけど、同じ組織で、目指す方向性についてagreeし自分が今コミットしている環境である以上、そして素直にリスペクトできる同僚達であるからこそ、彼らと同等かそれより上のバーン感がないとという危機感。2016年は明確にやることがあったので迷うことはなかった。今年で少しずつそんなことを考えるようになって、来年以降は今のポジションとしてもエンジニア個人としても、成長するための自分のストーリーを描いて進んでいかないとなと思っている(「ストーリー」というワードはこのところ、同時多発的に技術基盤チーム内で語られていた)。

生活

サックス

昨年始めたレッスンには引き続き通い始めている。成長は遅々としているけども、変わらず我流でやっていては得られないことを沢山教えてもらっていてホントにありがたい。セッション大会は今年は5月にデュオと11月にカルテット&ソロで、11月は初でピアノ・ベース・ドラムの伴奏付きで吹くという経験をさせてもらった。

自分たちのバンドは3月と12月にライブ。年2回くらいがちょうどいい。

フィットネス

思い立って6月から隔週くらいのペースでジムに通って筋トレを始めた。主にマシントレーニング。器具も自分の身体の使い方もぎこちなかったところから始めて、少しずつ身につけている途中。11月からは毎週にしてもう少し鍛えようとしている。それなりに続けると体の変化は見た目でも分かるのと、体重も自分史上最高になった。体重上がりにくい体質という自覚はあったけど、やっぱりやれば変わるもんだなあと。とはいえ、適正体重まではまだある。あと顔に肉付くのがちょっと嫌、顔痩せしたい。

それに伴ってランニングのペースはグッと減ってしまった。あんまり走り過ぎると痩せちゃうのでアレだけど、ストレス解消にもなってるので、週一くらいのペースに戻していこうかな。走行距離は一年で255kmだった。

カレー

チリチリ、今年は28回。そして10/16に通算100回目を迎えることが出来た。

今年のカレーについては2017年末版渋谷でオススメのカレー達&今年食べたカレーを振り返るでまとめたのでそちらで。

2017年末版渋谷でオススメのカレー達&今年食べたカレーを振り返る

この記事はペパボアドベントカレンダー2017最終日の記事です。昨日は@pyama86"後藤さんを褒めるALEXAスキルを書いた"でした。


今年は新規開拓含めちょいちょいカレー食べ歩きしたので振り返って見る。の前にまず、2017年末の渋谷のオススメカレーをご紹介。

渋谷(周辺の)オススメカレー

俺が宇宙一好きなカレーチリチリについては割愛。こちらは以前書いた記事を参照いただければ。

もうなくなってしまったけど、東横店の地下のエリックカレー&ビリヤニやカリガリが懐かしい。あーいかんいかん、思い出して少し泣きそうになってしまった。今の話をしないと。

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

渋谷の虎子食堂。今年のベスト3に入る。これが食べれる距離に職場があるのは幸せと言って良いだろう。付け合わせのバラエティと、個性強いのにどれも食べやすいという、高度な食べ合わせが完成している。来年はもうちょっと通いたいな。

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

渋谷のネパリコ。毎日だいたい弊社社員の誰かはいる。ここももうだいぶ通ってるなー。ダルバートのノンベジでチキンカレーがついたものをオススメ。ダルスープはおかわり自由。マトンカレーやパクチーを追加するもまたよし、だ。

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

渋谷のマリーアイランガニー。スリランカカレーの神髄とはこれ。3種のカレーを頼んでおけば間違いないけど、限定のポークカレーがあったら即頼むべし。

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

渋谷のBar 蕾。スリランカ風チキンカレー。サラッとしていて食べやすい。いつもフレッシュトマトとスパイスが入ったマッシュポテトをトッピングしてる。渋谷の新しいパワーメシや。

今年は恵比須方面にも良く食べに行ってた。以下は恵比須編。

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

恵比須ボイシャキ。今年はビーフキーマ、しらすのトマトカレー、チキン&マトンキーマを食べた。珍しいバングラデシュカレー。ここも今年のベスト3には入るな。付け合わせとコーヒーが異様に美味いのも合わせて、めちゃくちゃオススメ。

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

恵比須のソルティモード。ネパリコと同じくダルバートで混ぜて食べるスタイル、こちらはワンプレート。見た目よりパンチが効いてるのと、具の組み合わせがどれも素晴らしい。最近混んできて忙しそう、店主さん頑張って欲しいなあ。

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

恵比須のGOOD LUCK CURRY。この日はエビとチキンにパクチートッピング。週替わりなので行く度に色々楽しめそう。

今年食べたカレー達

今年はわりと色々食べた。マトンカレーが相変わらず自分の中で流行ってるのと、あらためてカレーライスが好きなんだなーという再確認の1年だったな。以下食べた順。

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

大森タカリバンチャ。ネパールのタカリ族という料理上手な民族の味が楽しめる。カレーも美味しいんだけど、ぜひ写真のカザのセットを頼んで欲しい。

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

高幡不動アンジュナ。前々から美味いとは聞いて訪れた。予約したものの平日夜は割とゆったりしていて居心地がよい。正統派で安心して食べれる味だと思う。

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

青山のゴングル。ドーサを食べるために行ったのに、結局カレーセットを頼んでしまった。青山らしいシャレオツなカレー。ドーサは今度リベンジしたい。

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

仲良しカレートリオの4人で今年も行ったLOVE INDIA 2017。中村屋の豆料理は珍しいので今年はBターリー。この豪華ラインナップのカレーが一度に食べれるイベントは超貴重。来年も行きたい。

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

鎌倉バワン。これも今年のベスト3。日替わりで色々なカレーを作ってるオーナーの創意工夫に敬意を。夜も良さそうなんだけどなかなか行けないなあ。近い人が羨ましい。

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

新宿の草枕。俺が大好きなチリチリに似ている気がする。彩鮮やかなスパイス使い。

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

中目黒FORRESTER。GHEEのファンがこうじてお店を出したということでカレー愛を感じるね。

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

水道橋の桃の実。ミスチルのドームライブ観る前に行ったなー。食べやすいと思いきやあとからじわじわと押し寄せて来るスパイスの波。もっと色々なカレーが食べたくなる。

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

相模原のSangita。カフェカレーと侮るなかれ。見た目はおしゃれで優しいけど、力強い味。休日のお昼にゆっくり出来た思い出。

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

中目黒のRed Book。週末のビリヤニ、この日はチキンビリヤニだった。友達が作ってるんだけど、お店と彼の雰囲気と料理の不思議な一体感。ちゃんとビリヤニが美味しいところってそう多くないと思う、オススメ。今度はまたカレー食べに行こう。

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

所沢のNegombo33。2回目のこの日はラムキーマとフィッシュカレー。シェフの天才さがきわだつお店だなあ。食後の多幸感が半端ない。これも地元の人が羨ましいや。

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

下北沢のカレーの惑星。美味しくて今年2回行った。前店主の営業が11/17で終わってしまったのは残念。今後にも期待したい。

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

押上のスパイスカフェ。2年ぶりに訪問の今回はセットを頼んだ。ワインかお茶のペアリングが追加で出来たのに頼まなかったのを後悔している。今度はワインでいってみたい。いやー名店!

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

木場のカマルプール。こちらは1年ぶり。ラムミントカレーがやっぱり美味しくて、あとここがすごいのは和のテイストにスパイスをぶつけてくるところ。カンパチのスパイスなめろう食ったことある? また絶対来よう。

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

福岡 天神のバキン。「うまいからいせまい!」で有名(お店の入り口に書いてる)。サラッとシャバシャバなカレーは少し辛めの味が良く似合う。日替わりなので色々バリエーションが楽しめそう。

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

福岡 天神南のTiki。今のところ俺の中で天神最強。昔はマトンキーマがあったんだけど、残念ながらなくなってしまった。今の豚なんこつとひよこ豆のカレーも絶品。

おまけ

Shinya Tsunematsuさん(@tnmt)がシェアした投稿 -

溝の口Cafe Mallory Wise。今年もカレーでお祝いありがとう。友達3人が1カレーずつ作ってくれるなんてカレー冥利に尽きる。

来年は

いうてもブログ1記事で紹介できるくらいしか食べてないんだなーという気もするので、来年は振り返るのがおっくうになるくらい、もっともっと色んなカレー食べたい。